1億円のポートフォリオ

インデックス投資で安定成長する資産運用を目指します

無分配型インデックス投信の課税繰り延べ効果を検証

インデックスファンドを選択するときに注意しないといけない点の1つに分配金(配当)があります。 分配金を出すファンドと出さないファンドではどちらが良いでしょうか? リターンの面から考えると、分配金を出さないファンドの方が有利です。 分配金を出さ…

つみたてNISAの資産公開 2018/6/16(eMAXIS Slim先進国株&新興国株)

つみたてNISA制度は2018年から開始されたので、まだ始まって半年程度しか経っていません。 それでもこの半年の間で市場は大きく動いたと思います。 まず2月に株式市場が急落しました。つみたてNISAを始めた人はいきなり含み損になったと思います。 最近…

楽天全米株 vs iFree NYダウ vs iFree S&P500 (2018年6月)

インデックス投資ナイトというイベントを知っていますか? インデックス投資家が集まる年に一度のお祭りで今年で11年目になります。 元々は個人投資家が集まる手作りイベントということですが、最近は日経に取り上げられたり金融庁職員も参加したりと大規…

eMAXIS Slim全世界株式(3地域均等型)は良い商品だと思う

eMAXIS Slim全世界株式(3地域均等型)は私が一番注目しているインデックスファンドです。 ファンドの内容を簡単に説明すると、先進国、新興国、日本の3つの地域に三分の一づつ均等に投資するファンドです。 eMAXIS Slimは既に先進国、新興国、日本のイン…

米国株の想定リターンは年率マイナス2%?

2018年に入ってから株価は安定感を失っています。2月の急落をきっかけに値動きの荒い展開になりました。この”ボラティリティの復活”は、2017年までの順調な安定した上昇とは対照的です。 2017年の1年間にNYダウが1%以上変動した日は10日で…

バリュー平均法はドルコスト平均法より良い?

積立投資の方法として、ドルコスト平均法が有名です。 株価の高低に関係なく、定期的に同じ額を投資していく方法です。 ドルコスト平均法は買い付け価格を平均化することができます。 インデックス投資も市場平均を得ることを目的としているので、ドルコスト…

<8資産>インデックス投信比較 2018年5月<株式、債券、リート>

株式市場は2017年まで絶好調でしたが、2018年に入ってからは不安定な変動が続いています。米国金利も上昇を続けているので、今後はこれまでのような上昇相場を期待するのは難しいかもしれません。 先行き不透明なこれからの相場で重要になってくるの…