1億円のポートフォリオ

インデックス投資で安定成長する資産運用を目指します

おすすめインデックスファンド! 買うのはこの2つだけで良いかも

私が本格的にインデックス投資を始めてから2年以上経ちました。 この2年間で色々なインデックスファンドを試してみて辿り着いた考えを共有したいと思います。 インデックスファンドは色々な銘柄に広く薄く投資することで、個々の銘柄の変動リスク(個別リ…

通常NISAとつみたてNISAはどちらを選ぶべきか?

少し前のニュースになりますが、通常NISAの恒久化が見送りになりました。 NISAの恒久化を見送りへ(共同通信) 今回見送りになったのは、年間投資額120万円で5年間運用できる「初期型」NISAのことです。 つみたてNISAについては引き続き恒久化を検討して…

バンガード社に学ぶ!全米株と全世界株のどちらに投資するべきか?

インデックスファンドで投資をするときに最も悩むことの1つが、 どのファンドに投資したら良いかという悩みです。 株式に投資するインデックスファンドだけに絞っても様々な種類があります。 株式を大きく分類すると、国内株と海外株に分けられます。 海外…

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2019に投票しました!

今年も「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2019」(FOY2019)の季節がやってきました。 私がFOYに投票するのは今年で2回目になります。 その名の通り、投信ブロガーがそれぞれ自分が良いと思う投信に投票することで、本当に良い投信を広めようという試…

好調!<つみたてNISAの資産公開 2019/10/27>

2019年10月の株式市場は月初こそ落ち込みましたが、中旬以降は力強く上昇しました。 しかし株価が好調な一方で、IMFが世界経済の成長率が減速するという予測を発表しています。 www.nikkei.com そろそろ世界的な株価下落が始まるんじゃないかと身構えていま…

順調!インデックス投信の資産公開 (2019/10/26)

このブログでは月に1回の頻度でインデックス投資信託の資産を公開しています。(これまでに23回記事にしています。) (1回、2回、3回、4回、5回、6回、7回、8回、9回、10回、11回、12回、13回、14回、15回、16回、17回、18回、…

eMAXIS Slim全世界株式(3地域均等型)に投資します!!

三菱UFJ国際投信がeMAXIS Slim全世界株式と米国株の信託報酬引き下げを発表しました。 ついにやってくれましたね。 超低コストファンド、SBIバンガードS&P500の発表後もしばらく反応がなかったので心配しましたが「業界最安を追求」の旗を降ろしたわけで…

バンガード社に学ぶ長期投資のメリット

インデックスファンドに投資して長期保有していれば一時的に含み損になることはあってもきっと報われるはず。 インデックス投資家はこれを信じてコツコツ投資を続けています。 それでも長期投資の長い道のりの中では、自分でも「ほんとに大丈夫?」と思うこ…

安全、安心のためにかけるコストはどこまで必要か?

史上最強クラスの台風19号が日本を通過し、各地で大きな被害が出ました。 私のスマホも災害通知のアラームが何度も鳴っていました。 あれはかなり不安を煽られますね。。 災害から一夜明け、テレビのニュースからは災害被害の状況が報告されています。 被害…

来たるべき下落相場に備える

まとまった投資資金を持っているとき、一括で投資するべきか少しづつ積立で投資するべきかという問題があります。 この問題の答えは決まっていて、合理的に判断するのなら一括投資の方が有利という結論になります。 投資対象の期待リターンがプラスになるの…

不動産投資が絶好調!おすすめリートインデックスファンド

世界経済の中心、アメリカの景気後退入りがそろそろ近いんじゃないかと予想する人が増えてきました。 株価の方も勢いが良かったのは2017年までで、ここ最近は頭打ちしています。 株式投資を最近始めた人は想定していたより利益が少ないと感じていると思…

投資のリターンは恐怖に対する報酬

投資の有名な格言に「人の行く裏に道あり花の山」という言葉があります。 花(リターン)を得ようとするなら、みんなと違う行動を取りなさいという意味でしょうか。 周りと同じ行動をしていると何となく安心ですが、それで儲けるのは難しいです。 みんなが買…

含み益に復帰! インデックス投信の資産公開 (2019/9/29)

このブログでは月に1回の頻度でインデックス投資信託の資産を公開しています。(これまでに22回記事にしています。) (1回、2回、3回、4回、5回、6回、7回、8回、9回、10回、11回、12回、13回、14回、15回、16回、17回、18回…

新興国株投資に赤信号!? 米市場での中国株上場廃止へ

最近少し落ち着きをみせていた米中関係ですが、新たに衝撃のニュースが飛び込んできました。 トランプ政権が米市場の中国企業に対して上場廃止の検討を始めました。 www.nikkei.com このニュースを受けて、アリババ株が一気に7%も下落しています。 すごい…

含み益復活!!<つみたてNISAの資産公開 2019/9/23>

2019年9月の株式市場は8月の下落から一転して力強い上昇を続けています。 9月はサウジアラビアの石油施設が無人機で攻撃されるというショッキングなニュースがありましたが、株価にはそこまで影響しませんでした。 とはいえ、米国とイランの対立が激…

eMAXIS Slimの低コスト追求は本当に信用できるか?

インデックスファンドで一番の人気シリーズはeMAXIS Slimでしょう。 昨年の「投信ブロガーが選ぶ fund of the year」の1位もeMAXIS Slim先進国株でした。 当の三菱UFJ国際投信もこの実績を積極的に宣伝に使っています。 eMAXIS Slimの人気はなんと言っても…

新興国株が好調!! 今後の投資方針を考える 

2019年8月の株式市場は大きく下落しました。 先進国株はそこまで酷くはなかったのですが、新興国株が大きく下げました。 私のインデックス投信は「下がった資産に集中投資」です。8月の下落を受けて一気に投資しました。 おかげでeMAXIS Slim新興国株…

「日経平均3万円」はいつ達成されるのか?

大手証券会社マネックス証券が2017年10月に日経平均3万円になるという見通しを発表しました。 プレスリリースまで出して話題になったので覚えている人も多いと思います。 2017年は世界の株価が絶好調の年で、日経平均もその勢いで史上初の16連…

私が新興国株に投資する理由

インデックスファンドで投資する場合、どのファンドに投資すれば良いでしょうか? インデックスファンドと一口に言っても種類は色々あります。 大きくは株式、債券、REITの3つに分けられます。 そこからさらに先進国、新興国、国内と細分化されます。 株式…

米国株式インデックスファンド比較 楽天 VS. eMAXIS Slim

米国株式インデックスにSBIから新しいファンドが誕生します。 SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドで9月26日から運用が始まるそうです。 EDINET これはS&P500指数に連動するバンガードの巨大ファンド(VOO)を買うだけのファンドになります。 …

大幅下落!インデックス投信の資産公開 (2019/8/25)

このブログでは月に1回の頻度でインデックス投資信託の資産を公開しています。(これまでに21回記事にしています。) (1回、2回、3回、4回、5回、6回、7回、8回、9回、10回、11回、12回、13回、14回、15回、16回、17回、18回…

含み損www \(^o^)/ <つみたてNISAの資産公開 2019/8/25>

米中貿易戦争がエスカレートしてますね。 おかげで8月に入ってから株価が一気に下落しています。 特に新興国株の下落が大きくなっています。中でもアルゼンチン株は酷いです。 大統領選の結果に失望して1日で38%も下落しました。 個別株の話じゃないで…

日韓対立で変わる世界 韓国は中国陣営へ?

韓国が日本との「軍事情報包括保護協定(GSOMIA)」を破棄するという決定が衝撃を持って伝えられています。 ついに一線を超えましたね。。 これまでの日韓対立は感情的なものが中心で、経済への影響はあまり無かったと思います。 米中対立のような世界の覇権…

私が米国株以外にも投資する理由

株式投資で一番人気のある国は米国株です。 アメリカには世界中で活躍するグローバル企業がひしめき合っています。 世界最大の市場なのは言うまでもないですね。 株式市場を牽引するFANG(フェイスブックのF、アマゾンのA、ネットフリックスのN、グーグルのG)…

株価急落!!株式相場の終わりの始まり

ついにこの時がやってきました。 逆イールドの発生です。 逆イールドは米10年物国債の利回りが2年債の利回りと逆転する現象です。 過去の例では逆イールド発生後、1〜2年で景気が後退しています。 その逆イールドがこの度、12年ぶりに発生しました。 前…

新興国株が急落!!無限ナンピン投資を実行します

米国が中国への関税引き上げ第4弾を発表してから世界中の株価が急速に下落しています。 この第4弾の関税の対象品目は3000億ドル分で、第1〜3弾を合わせたよりも大きな規模になるそうです。 そのインパクトは中国市場だけじゃなくて米国を含む世界中…

楽天全世界株式インデックスとeMAXIS Slim全世界株のどちらに投資するべき?

8月に入って株価が急落しています。原因はいつもの米中貿易戦争ですね。 米国がついに対中国関税の第4弾を発表しました。 この第4弾でほぼすべての取引の関税が引き上げられることになります。 スマホなどの消費者に直結する商品も含まれるのでこれまでよ…

「NISA」と「つみたてNISA」どちらを選ぶべきか? 

「老後の生活費は年金の他に2000万円必要」という、金融庁のレポートをきっかけに投資を始める人が増えているそうです。 年金制度改革が議論されていますが、今の若い人が将来受け取る年金が目減りするのは確実です。 少しでも早いうちに投資を開始して…

eMAXIS Slim 全世界株式に乗り換えるべきか?

eMAXIS Slim全世界株式3ファンドの信託報酬が8月9日に引き下げられます。 <三菱UFJ国際投信株のプレスリリース> eMAXIS Slim全世界株は先進国、新興国、日本の3つの地域をまとめて投資することのできるファンドです。 この商品は3つの地域への配分…

日韓対立の影響は? インデックス投信の資産公開 (2019/7/28)

このブログでは月に1回の頻度でインデックス投資信託の資産を公開しています。(これまでに20回記事にしています。) (1回目、2回目、3回目、4回目、5回目、6回目、7回目、8回目、9回目、10回目、11回目、12回目、13回目、14回目、1…