1億円のポートフォリオ

インデックス投資で安定成長する資産運用を目指します

今はバブル? 株も住宅も超割高

コロナショックからの金融緩和で株式などの資産価格の上昇が続いていますが、その水準がついにITバブルやリーマンショックの水準を超えたそうです。 日経新聞の記事によると、米国のバフェット指標(株式時価総額をGDPで割った値)が186%になりました。…

経済的自由になるのに必要な資産はそんなに多くない

働かなくても生きていける、いつ仕事を辞めても大丈夫という状態を「経済的自由」と呼ぶとすると、その必要な資産額はいくらでしょうか? 人生に必要だと思うお金の額は人によって様々なので、一概には答えられません。 でも健康に生きて、寿命を全うするの…

株価下落のショックを癒やす方法

最近、株価の下落が続いています。 2月は日経平均が30年ぶりに3万円を超えたと話題になりましたが、今は2万8千円台と失速してしまいました。 まだピークから1割も下げていませんが、資産が減るのは気持ちの良いものではありません。 リスク資産が増え…

経済学的には持ち家の方が賃貸よりもお得!! 「人口減少時代の住宅土地問題」

「持ち家と賃貸のどちらが有利なのか?」という問題は将棋の千日手のようにいつまでも決着がつきません。 でも住居費は人生で最大の支出なので、どっちでもいいじゃんでは済まされません。 せめて持ち家と賃貸のメリット、デメリットは深く理解しておく必要…

下落相場の入り口? インデックス投信の資産公開 (2021/02/28)

2月の株式市場は最終週に大きく下落しました。 2021年の主要8資産の推移をインデックスファンドの基準価額で確認しましょう。 これまで上昇が続いていた株式が2月後半から下落に転じています。 それでも年初からみればまだ十分にプラスの水準を保っていま…

暴落は突然に。つみたてNISAの資産公開 2021年2月度(2021/02/27)

私はつみたてNISAで2018年1月からeMAXIS Slim先進国株とeMAXIS Slim新興国株に7:3の比率で投資を続けています。 月に一度、月末にその資産推移を確認しています。 市場の調子が良かった月の資産確認は楽しみですが、今月のように月末に暴落に見舞わ…

eMAXIS Slim世界株式インデックスは3種類もある!(オールカントリー、除く日本、3地域均等)どれにするべき?

インデックス投資の基本は分散投資です。 どの株が将来伸びるか分からないので全部買ってしまえということです。 その精神に従うなら、究極的には全世界株式インデックスに投資するのが王道でしょう。 でも一番人気のeMAXIS Slimシリーズには世界株式インデ…

松山ケンイチが「嫁」発言で炎上

松山ケンイチがテレビで「髪は嫁に切ってもらう」と発言したことがネットで話題になっています。 news.yahoo.co.jp 妻を「嫁」と呼んだことが反発の原因で、「嫁」という呼び方を嫌がる人がそれなりにいるようです。 私も「嫁」という呼び方を結構使っていた…

個人投資家はリスクを取り過ぎているそうです。気をつけましょう。

最近の株価上昇の勢いはすごいですね。 こういう時はネットでも「資産が2倍になった!」とか「レバレッジETFで一気に億り人!」という威勢の良い書き込みがあちこちで見られるようになります。 でも、もうそろそろリスクを取り過ぎてないか見直す時期かもし…

「家賃は今すぐ下げられる! 」 全ての賃貸住まいの人の必読書!!

生活コストの中で最も大きな割合を占めるのが住居費です。 賃貸住宅の賃料は手取り収入の3割程度を占めると言われています。 でも、食費や携帯代を節約しようと頑張る人は多いですが、住居費を下げようとする人はあまりいません。 多くの人が入居時に決まっ…

株高の時の方が投資は難しい

日経平均が30年半振りに3万円を超えたことで、高値を警戒する声が聞かれるようになってきました。 経営者の中にも株高を指摘する声が出てきているようです。 社長が高値を恐れる時: 日本経済新聞 1番の例はテスラのイーロン・マスクで、テスラ株を「高す…

インデックス投資で含み益1000万円突破!

日経平均が30年半ぶりに3万円に到達しました。 世界に目を向けても、新興国株を中心に世界中で株価は上昇しています。 この世界的な株価上昇を受けて私のインデックス資産もついに含み益が1000万円を突破しました。 私が本格的にインデックス投資を始…

「中年女子、ひとりで移住してみました」 地方移住を知る最初の一歩に良いかも

FIRE(アーリーリタイア)したら、地方への移住を考えています。 都会に住むより田舎に住んだほうが生活費を低く抑えることができるからです。 賃金の高い場所(都市、国)でお金を稼いで、生活費の安い場所で生活するのは経済的に合理的な選択です。 これを地…

絶メシロード 孤独のグルメと車中泊の詰め合わせ

「孤独のグルメ」という、おっさんが一人で飯を食うだけのドラマがあります。 これが意外なヒットを飛ばし、なんとシーズン8まで制作されています。 一人で知らない店に入って、そこがたまたま当たりだったら、、 そんな小さな感動を味わえるドラマが私も好…

ミニマリズムという生き方

ミニマリズムという生き方があります。自分に必要な物だけ所有して、それ以外の物は持たないという生活です。 よく考えれば当たり前の生き方ですが、ほとんどの人は自分に必要がないものまで所有していたり、必要が無くなっても捨てられなかったりします。 …

年利5%を実現する投資の教科書

投資のリターンはどれくらいが適切でしょうか? 小さいリターンで良いなら実現できる確率は高くなりますが、高いリターンを求めるほど達成できるか不確実になります。 投資家としては目的のリターンに対してできるだけ変動幅(リスク)が小さくなるようなポ…

新興国株に投資するなら eMAXIS SlimとSBI(雪だるま)のどちらが良い?

最近、新興国株が好調です。2021年の最初の1ヶ月だけで8%も上昇しました。 同期間の世界株式がプラス4%程なので約2倍の伸びになりますね。 (VWO:新興国株, VT:世界株) この勢いが今後も続くかは分かりませんが、中長期的にも新興国株が他の地域…

月に5万円稼ぐことができればアーリーリタイアのハードルは一気に下がる

若いうちに資産を築いて経済的自由を達成し、仕事を辞めて資産運用だけで生きていくFIRE(Financial Independence Retire Early)という生き方があります。 でも資産運用だけで生きていくのは正直ハードルが高いです。 FIREに必要な資産の目安は年間生活費の2…

「銀河の片隅で科学夜話」 物理学者が語るお洒落な小話

宇宙、生命、人の心理、世の中は不思議で溢れています。 それを解き明かすために人類は科学を発展させてきました。 でも科学の成果を理解するにはそれなりの事前知識が必要で、普通の人にはとっつきにくいものです。 例えば私は宇宙の不思議に興味があります…

インデックス投資の避けられないデメリット

最近、投資デビューする人が増えているそうです。 老後2000万円問題の不安が投資の後押しになっています。 若者の投資デビュー、老後不安とYouTubeが後押し?: 日本経済新聞 つみたてNISAやiDeCoで投資しやすい環境が整備されたのも大きいですね。 毎月…

最高益更新! インデックス投信の資産公開 (2021/01/31)

2021年1月も株式市場は好調でした。 コロナショック後からずっと上昇を続けているので相場の過熱感も指摘され始めてますね。 2021年1月の8資産の推移を実際のインデックスファンドの基準価額推移で確認します。 新興国株が飛び抜けて上昇していま…

新興国株の時代の始まりか? つみたてNISAの資産公開 2021年1月度(2021/01/30)

新興国株が2020年末から大きく上昇しています。 2020年12月から21年1月にかけて、一時は15%を超える上げ幅を記録しました。 ここ数日は逆に下げていますが、それでも2ヶ月間で12%以上の上昇はすごいですね。 先進国株も上昇していますが…

セミリタイア・アーリーリタイアするならこれだけは絶対に避けなければならない。

セミリタイア・アーリーリタイアの一番の課題はお金です。 働かずに生きていくにはものすごくお金が掛かるので、貯金を切り崩すだけで生活しようと思うと莫大な額が必要になります。 投資でお金を増やしながら生活資金を得るというのが現実的な選択肢になり…

一括投資のタイミングは2〜3年に1度やってくる

株式に投資するとき、どのタイミングで投資するか?は非常に重要です。 株は時に大暴落することがあるので、最悪のタイミングで投資すると大損する可能性があるからです。 期待リターンを最大化させることを考えると一括投資が合理的な選択になりますが、私…

無リスク資産(現金)はどこに置いておくべきか?

個人投資家にとって悩ましい問題の1つが無リスク資産の扱いです。 銀行に預けていても金利はほぼゼロなので全く増えません。 それにも関わらず、国はインフレ目標を2%に設定してます。 これは、お金の価値が毎年2%づつ下がるということですので、国の目…

コロナ協力金の不公平の理由は最初から公平にしようしてないから(チコちゃん風)

緊急事態宣言で飲食店や映画館、ボーリング場、カラオケボックス等に時短営業の要請が出ています。 でも、時短営業の協力金が支払われるのは飲食店だけで映画館やボーリング場には協力金が出ないそうです。 また、協力金は店舗の大きさに依らず一律同じ額な…

週休3日制はセミリタイアの考え方に近い

自民党の一億総活躍推進本部(猪口邦子本部長)が週休3日制を選べるようになる試案を発表しました。 新型コロナ: 週休3日制選べるように 自民本部長試案、政府に提言へ: 日本経済新聞 政府与党から提言されたことで、今後大企業を中心に週休3日制の導入が…

ファンドオブザイヤーグランプリの変遷はマーケットの変化を反映している

2020年の投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2020の投票結果が発表されました。 投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2020 タイトル名の通り、投信ブロガーが投票して優れた投資信託を選ぼうという活動です。 もちろん、私も投票しました。 www.y…

米国株レバレッジ3倍ETFがすごい( SPXL, TQQQ, SOXL)

インデックスファンドの期待リターンは5〜7%くらいです。 米国株が人気ですが、S&P500に投資しても1年で2倍になるということはまず無いでしょう。 インデックス投資はゆっくりとお金を増やしていく投資法なので仕方ありません。 でも一気にお金を増やし…

新興国株が先進国株を超えた日 ーつみたてNISAの記録よりー

最近、新興国株の上昇率がすごいです。 eMAXIS Slim新興国株の基準価格で確認すると、2020年12月からの1ヶ月半ほどで約12%も上昇していました。 同じ期間で先進国株は5%程度なので新興国株の上昇率が圧倒しています。 特に1月に入ってからの伸…