1億円のポートフォリオ

インデックス投資で安定成長する資産運用を目指します

自分の資産額を知ることが資産運用の第一歩

あなたの全資産はいくらですか?

私はつい最近までこの質問に答えることができませんでした。

自分がいくら持っているか正確に知らなかったからです。

 

でも、私のように自分の資産を把握していない人は多いんじゃないかと思います。

 

資産運用で一番最初にやるべきことは自分の資産額を知ることです。

 

私がインデックス投資で資産運用することに決めたのは自分の資産額を正確に知ったのがきっかけです。

昨年、調べたところ私の資産は8口座に分かれていました。

給与振込用口座と経費振込用口座、ネット証券口座、確定拠出年金口座、持株会口座、ゆうちょ口座、昔は使ってたけど今はほったらかしの口座などです。

 

正確な資産額は自分がなんとなく把握していた額より結構多いことが分かりました。

 

私の資産の大半は現金でした。

 

今はマイナス金利で利子がほぼゼロの状態が続いています。さらに物価上昇2%を目標になりふり構わない金融政策が行われています。

ただ銀行に預けておくと増えないだけじゃなくて、物価上昇で実質的に資産が目減りしてしまうと感じました。

 

何か運用の手段を考えなくてはいけないがどうするべきか?

株式は全資産の運用にはあまりにリスクが高すぎます。

個人向け国債はリスクはありませんが、利率が物価上昇より低いので資産の目減りは回避できません。

株式ETFは10年前に買ったTOPIX ETFが購入してから10年間ずっとマイナスでした。

 

いろいろ考えた末にたどり着いたのが確定拠出年金で運用していたインデックス投信の積立投資でした。

確定拠出年金(iDeCo)で投資資金を10年で2倍にした方法 - 1億円のポートフォリオ

 

国際分散された株式のインデックス投資は一時的にマイナスになるリスクはありますが、長期運用すれば年率5%程度の運用益が期待できます。

個別株投資のように上場廃止で価値がゼロになる心配もありません。

積立投資にすれば、購入タイミングによる運、不運も回避できます。

 

積立投資のもう一つのメリットは運用資産が積み上がるまでに投資方針に間違いが無いか熟慮する時間を持てる点です。

最終的に1億円を保有して運用したいと考えて色々調べましたが、「1億円、資産運用、ポートフォリオ」等の検索語でヒットするのは怪しい投資を勧めるサイトばかりでした。

そこで資産運用法を自分で考えることにしました。

今、最善と考えるインデックス投信に資産を移しつつ、自分の投資方針を書き留めておくためにブログを始めました。

私がブログを始めた理由 - 1億円のポートフォリオ

 

資産運用の第一歩は今の資産とその運用がどうなっているかを正確に知ることです。

その次に最終的にどのような運用にしたいかを考えます。

私の場合は「1億円のポートフォリオ」を構築することです。

 

投資はリスクのある行為なのでタイミングや運に資産が左右されてしまいます。

でも私は運に頼った投資をできるだけ排除したいと考えています。

10回やれば10回とも成功する。

運が良くても悪くても「1億円のポートフォリオ」を達成できるような運用を考えていきます。