1億円のポートフォリオ

インデックス投資で安定成長する資産運用を目指します

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018に投票しました。

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018(FOY2018)」の投票が今年も始まりました。このイベントは投信ブロガーの有志が集まって草の根的に行われている活動です。

私がブログを始めたきっかけの1つはこのイベントに投票するためです。

それくらいこのイベントに賛同しています。

 

私が投資を始めたのは2007年です。投資信託も少し検討しましたが、どれが良いファンドなのか全く分かりませんでした。当時は今よりもずっと信託報酬が高くて怪しいファンドが多かったと記憶しています。

結局、個別株ばかり購入してその後のリーマンショックの大損害で投資から遠ざかることになってしまいました。

 

私がリーマンショックで学んだことは、素人投資家はバブルのピークで株を買ってしまうということです。

株はみんなが買いたくないときに買って、みんなが買いたくなったときに売らないと儲かりません。

でも、自分の大事なお金でそれが出来る人はほとんどいません。

多くの素人投資家はそれが出来る一部の天才投資家の養分になるしかありません。

 

素人投資家が取れる最も有効な手段は、銘柄もタイミングも選ばない受け身戦略です。

もし、10年前の自分にアドバイスすることができるなら国際分散インデックスへの積立投資を勧めると思います。

FOYは2007年に始まっていて、最初のグランプリを確認すると「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」でした。

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは国際分散された株式と債券から構成されたファンドです。当時としてはコストと運用内容の点でベストな選択だったと思います。

 

真面目に資産運用を考えるなら、天才的な彗眼で他人を出し抜こうとするのでは無く、市場全体の緩やかな成長からの利益を狙うべきです。

 真面目な投資家がみんなで投票するFOYは広く分散された低コストファンドがいつも上位に選出されています。

全ての投資家は「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 」の結果を投資の参考にするべきでしょう。

その際には必ず、”投信ブロガーが選ぶ!”という枕詞がついていることを確認しましょう。