1億円のポートフォリオ

インデックス投資で安定成長する資産運用を目指します

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018の感想

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018が発表されました。

サイトURL(http://www.fundoftheyear.jp/2018/)

今回は私もブロガーとして投票したので結果を楽しみにしていました。

 

まずは結果を見てみましょう。(上位1〜10位)

第1位 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

第2位 <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド

第3位 eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)

第4位 楽天・全米株式インデックス・ファンド

第5位 eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)

第6位 セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド

第7位 Vanguard Total World Stock ETF(VT)

第8位 eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

第9位 楽天・全世界株式インデックス・ファンド

第10位 eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)

 

栄光の1位はやはりというか、納得の結果です。

eMAXIS Slim 先進国株が信託報酬を引き下げた時の衝撃は今でも覚えています。

この引き下げで投資信託の中だけでなく、海外ETFと比べても低コストになりました。

eMAXIS Slimシリーズは1位になった先進国株以外にも3位、5位、8位、10位と上位10ファンドの内、5つも占めています。

私も過去記事で「投資はeMAXIS Slimシリーズだけで良いかも」と書いています。

もう投資はeMAXIS Slimシリーズだけで良いかもしれない - 1億円のポートフォリオ

 

2位のニッセイ外国株式インデックスは惜しくもeMAXIS Slim先進国に破れましたが、毎回上位にランキングされる優良ファンドです。

現在のファンド低コスト化の草分け的存在といって良いでしょう。毎回上位にランキングされるということはずっと投信ブロガーの信頼を得ているということです。インデックス投資は長期投資が基本になるので、ずっと信頼されているファンドというのは心強いですね。

 

上位10ファンドの構成は、全世界株=4,先進国株=2,米国株=2,バランス=2になりました。

全世界株が4つも入っているのが投信ブロガーの真面目さを表していると思います。

全世界株は勢いがある国も低迷している国もみんな含むので、どんな時でもパフォーマンスが最低になることが無い代わりにトップになることもありません。

でもそれこそがインデックスファンドのあるべき姿です。

将来を予測するのはほぼ不可能なので広く分散投資することで個別株のリスクを抑制する。これを突き詰めると全世界株式インデックスになります。

 

バランスファンドが2つも入っているのもおもしろいですね。株式と債券等を組み合わせたバランスファンドは世界株式よりもさらにリスクを抑えることができるでしょう。

 

真面目な個人投資家が集まって選んだインデックスファンドはどの投信にするか迷っている人の良い羅針盤になると思います。

 

ちなみに私が投票したファンドはeMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)です。

今回は残念ながらトップ10から漏れてしまいましたがこれも良いファンドだと思います。