1億円のポートフォリオ

インデックス投資で安定成長する資産運用を目指します

経済的自由に必要な資産額

私が資産運用する究極の目的は経済的自由を獲得することです。

経済的自由とは「働かなくても経済的な不安なしに生活できる状態」のことです。

株や債券、不動産などの不労所得が生活費を上回れば経済的自由を獲得したことになるでしょう。

 

では、経済的自由を獲得するにはどれくらいの資産が必要になるのでしょうか?

 

リタイア後の安全な資産活用で4%ルールという考え方があります。

アメリカの研究で資産運用をしながら生活資金を毎年引き出した場合、いくらまでなら安全に引き出せるのか調査されました。

1926年から2009年までの様々な市場環境の下で資産運用した場合のシミュレーション結果を報告しています。

 

(出典:Portfolio Success Rates: Where to Draw the Line)

f:id:accumulationstrategies:20190202064811j:plain

 

株式比率を50%以上にして運用した場合、95%以上の確率で資産が枯渇しないようです。

30年後に残る資産については市場環境によって大きく変動しますが、1000ドルを株式:債券=50:50で30年間運用した場合に残る金額の中央値は2971ドルになります。増えてますね。

 

これから先のことはもちろん分かりませんが、過去の運用例では運用資産を毎年4%引き出しても30年位はなんとかなりそうです。

ここから経済的自由に必要な資産額を算出すると、年間生活費の25倍ということになります。

年収400万円が必要な場合は1億円の資産が必要ということですね。

 

このブログでは経済的自由に必要な1億円を運用するためのポートフォリオを今後も考えていきます。