1億円のポートフォリオ

インデックス投資で安定成長する資産運用を目指します

インデックス投資はやってるのを忘れるくらいがちょうど良い

投資熱って浮き沈みがありますよね。

インデックス積立投資を始めてから2年近く経ちますが、最近は積立を始めた頃の情熱が薄れてきています。

 

最初の頃は毎日のように株価をチェックしたり、どのインデックスファンドが良いのか比較検討していました。

でも最近は以前より株価をチェックすることが少なくなっています。

 

理由の1つはここ最近の株価の不調です。

私達が投資する理由は儲けようとしているからで、株価が不調だと基本的におもしろくありません。

最近は景気の先行きについて悲観的な記事をよく目にするようになりました。

実際、これからグイグイ株価が上昇していくイメージは持ちにくい状況ですよね。

 

例えば、日経新聞が米国企業の債務残高がリーマン・ショック直前の規模まで拡大していると報じています。

r.nikkei.com

 

一言で言うなら、「今はバブルの最終局面ですよ。」ということですね。

もうかなり投信買っちゃってますが。。

 

遅かれ早かれ本格的な下落相場が訪れるのは確実でしょう。

どうしても含み益がどんどん減って含み損になるのを見守るのは辛いものがあります。

私も相場が絶好調の時は毎日含み益の確認をする癖に下落相場ではあまり口座を確認しません(笑)

 

とはいえ、インデックス投資は相場が下がってる時ほど買い向かうべきです。

そこで大事なのが、自動積立です。

自動積立にしておけば、ネット口座を確認したくない日も勝手に投資してくれます。

 

これは含み損のあるときには本当に助かります。

私の投資人生で最大の含み損を抱えたときはマイナス300万円くらいだったと思いますが、正確な額はは口座を確認してなかったので分かりません。

300万円の含み損を確認するのはけっこうキツイです。

財布を一回落としたら3万円くらいの損失でしょうか。300万円は財布紛失100回分のインパクトです。

平気でいれる訳がないです。

 

今、どんなに大丈夫と思っていても本格的な下落相場になると投資したことを後悔するくらい挫けそうになります。

そんな時は自動積立にして投資してることを忘れるくらいがちょうど良いですね。

 

まだ相場が安定している今のうちに積立設定をしておきましょう。