1億円のポートフォリオ

インデックス投資で安定成長する資産運用を目指します

SBI証券のTポイント投資は便利かも

SBI証券で7月20日からTポイントで投資信託が購入できるようになります。

SBI証券、Tポイントで投信買い付け可能に 投資初心者取り込む :日本経済新聞


これまでも楽天証券では楽天ポイントで投信が購入出来ていましたが、同様のサービスがSBI証券でも出来るようになるということですね。

 

Tポイントを使った投資では、SBIはこの春からネオモバイル証券を立ち上げています。

SBI証券の新しいサービスとネオモバとの違いは買えるのが投信か株式かで棲み分けられているようです。

f:id:accumulationstrategies:20190706044154p:plain

まあ、ややこしいですね。

元が同じなんだから1つの証券会社にまとめてもらいたいでものです。

 

とはいえ、今回の新サービスは私にとって朗報でした。

SBI証券で投信を保有していると、保有額に対してSBIポイントというよく分からないポイントが付与されます。

SBIポイントはTポイントに変換できるので、そこからTカードに移して利用することが出来ます。

毎月この手続きをするのがちょっと面倒だったのでTポイントがSBI証券内で使えるようになるのは嬉しいですね。

 

さらに、投信保有のポイントが直接Tポイントで受け取れるようになります。

f:id:accumulationstrategies:20190706051803j:plain

これも良いですね。

SBIポイントをTポイントに変換できるのは500ポイントからしかできないので、どうしても変換できないSBIポイントが少し余ってしまいます。

直接Tポイントが貰えれば手間も無駄もなくなりますね。

 

ポイントはお得な気がしますが、どうやっても現金より劣っています。

買えるものが限られているし、タダで手に入れたモノという感覚があるので、どうしても無駄使いしてしまいがちです。

でも何が無駄使いで何が必要な支出なのかは判定が難しかったりします。

そこで私はポイントは公共料金やふるさと納税などの現金でも確実に支払う必需品に使うようにしています。

 

私が現金で一番買っているのが投資信託なので、投信にTポイントを使うのは無駄使いではないでしょう。

投信を保有してもらったポイントでさらに投信を買うと配当再投資をしている感覚になりますね。

雪だるま的に資産が増えていくのが実感できるはずです。