1億円のポートフォリオ

インデックス投資で安定成長する資産運用を目指します

テスラ11連騰、増えた時価総額はなんとトヨタ1社分!!

テスラの快進撃が止まりません。

株価が11日連続で上昇し、時価総額が24兆円も増加しました。

この額はトヨタの時価総額に匹敵するそうです。。

www.nikkei.com

 

テスラの売上、利益を考えると明らかに高すぎる水準ですが、投資家はそんなところに注目しているんじゃないでしょう。

 

テスラが既存の自動車産業をひっくり返し、新たな産業を構築するという前提に立った株価なのです。

 

日本では、テスラの台頭はトヨタとの対決の構図で語られるこも多いですが、株価で見るとテスラの圧勝です。

 

テスラの生産能力がまだ貧弱だからトヨタには敵わないという議論もあまり意味がありません。

テスラの時価総額はトヨタの3倍以上あるので、その設備が必要であればすぐに手に入れることが出来ます。

今やトヨタをまるごと買収することだって出来るでしょう。

 

実際、テスラは2020年に増資を3回実施し、膨大な額の資金を調達しました。

今や資金面では何でも出来る状態です。トヨタをライバルとすら思ってないでしょう。

 

今後テスラがどうなるか分かりませんが、この分野で革命が起きていることは確かです。

 

そもそも、この新しい分野でトヨタvsテスラになる前提がおかしいのかもしれません。

テスラは創立が2003年のものすごく若い会社です。

アメリカにもGMやフォードという伝統的な自動車メーカーがありますが、この革命は古い会社から起きたのでは無く、全く新しく誕生したのです。

 

憂うべきは、トヨタがテスラに負けそうと言うことではなく、日本からテスラのような新しい会社が誕生しなかったことでしょう。