1億円のポートフォリオ

インデックス投資で安定成長する資産運用を目指します

歳を取るにつれて物欲が小さくなっていく理由

お金を稼ぐモチベーションの1つは何か欲しいモノを買いたいという物欲です。

でもこの物欲は年を重ねるに連れて小さくなっていきます。

これは私の経験からの実感ですが、けっこう共感を得られるんじゃないかと思います。

 

思えば私の物欲のピークは10〜20代でした。

お金が無いのに欲しいものは沢山あったのを覚えています。

特に欲しかったのは大型バイクです。欲しいけどお金が無いので関連本だけ買って眺めてました。

特にスズキのカタナは今見てもカッコいいですね。

Amazon | スカイネット 1/12 完成品バイク スズキ GSX-S1000S KATANA メタリックミスティックシルバー | プラモデル 通販

 

他にもカッコいい髪型にしたかったり、オシャレな服が欲しかったりしました。

Macも当時は今より高くて手が届かなかったのを覚えています。

 

でも30代になって何でも買えるようになると、あれほど強かった物欲がどんどん無くなっていきました。

なんで物欲が小さくなったのでしょうか?

 

理由1 簡単に買えるようになったから

何か欲しいモノがあったとき、それが手に入らないモノだとすごく欲しいと思ってしまいます。

逆にお金があっていつでもすぐに手に入れることが出来ると、そこまで欲しいと思わなくなるものです。

 

理由2 カッコいい投資の必要が無くなるから

若い時の物欲は「カッコよくなりたい」という思いからですが、悲しいことに年を取るにつれて「カッコよさ」はどうでも良くなってきます。

オシャレな髪型や服は「カッコいいと思われたい」という気持ちからですが、結婚後にはその必要性もなくなります。

髪や服は清潔感さえあればそれで良いと思うようになるし、米津玄師の前髪を見ても共感出来なくなります。

 

理由3 欲しいモノのレベルが変わったから

年齢によって、持っているお金によって欲しいモノは変わってきます。

子供の頃は駄菓子屋で買うお菓子が至高の贅沢でしたが、大人になるとどうでも良くなります。たまに子供の頃を思い出して「大人買い」することはあっても、子供時代と同じ幸福を得ることはできないでしょう。幸せを感じるレベルが変わっているのです。

 

私が今、一番欲しいのはモノよりも自由です。他人に私が何をするのかを決められないようにしたいですね。「自分の労働時間を買う」結局これが一番の贅沢だと思っています。