1億円のポートフォリオ

インデックス投資で安定成長する資産運用を目指します

パナソニックの希望退職応募者はたったの1000人!?少なっ!

パナソニックが早期希望退職を募集して話題になってましたが、その応募者の人数は1000人程だったそうです。

パナ、1000人超が早期退職へ 9月末、勤続10年以上が対象(共同通信) - Yahoo!ニュース

 

個人的な感想としては、少なっ!というのが正直なところです。

 

パナソニックの従業員数は24万人、国内だけでも10万人もいます。

国内だけを考えても1000人だとたったの1%ほどです。

 

大々的に報道されてたった1%の削減だと企業側からしたら割りに合わないでしょうね。

「松下幸之助の精神が失われた」とか言われて散々ですね。

 

辞めてもらいたい人には応募を促すように働きかけるものなので、割にみなさんしっかりしがみついたのだろうと想像できます。

それだけ居心地の良い会社ということなのかもしれませんね。

 

この早期退職募集は割増退職金の大きさでも話題になりました。その額4000万円です。

パナソニック割増退職金4000万円の衝撃(城繁幸) - 個人 - Yahoo!ニュース

 

通常の退職金と合わせると、50歳の人なら6000万円ほどになります。

これだけの好条件でも1%しか応募しないのですね。。

 

私ならすぐに応募すると思います。

良い転職先があれば転職しても良いし、無ければそのままリタイアするのも悪くありません。

私がそう思えるのは既に億り人になっているからです。

 

リストラがラッキーイベントになる。

 

もしかしたら、億り人になって一番良かったことかもしれません。

 

望むなら、同条件でいつでも希望退職できるような制度があると最高ですね。

テッテテー!「いつでもよんせんまんきぼうたいしょくぅ〜」