1億円のポートフォリオ

インデックス投資で安定成長する資産運用を目指します

FIREした場合の確定拠出年金(iDeCo)の出口戦略

確定拠出年金(iDeCo)はサラリーマンが出来る数少ない節税方法です。

掛け金が全額控除されるので大きな節税手段になりますね。

でもiDeCoで運用した資産は受け取り時に税金の問題が発生します。

 

iDeCoは退職所得控除に含めることが出来るのでオトク!!と宣伝されていますが、サラリーマンだと退職金を別にもらいます。

退職金で控除を使い切った場合、iDeCoは本当にお得に受け取れるのでしょうか?

少しシミュレーションしてみたいと思います。

 

まず、退職所得控除は勤続年数によって決まります。

勤務年数が20年以下の場合、控除額は(40万円 ✕ 勤務年数)になります。

勤務年数が20年の場合は800万円ですね。

結構少ないですね。。超えてしまう人も沢山いるんじゃないでしょうか?

 

控除額を超えると所得税と住民税の課税対象になります。

 

所得税の計算方法

課税退職所得金額=(退職金の収入金額-退職所得控除額)×2分の1

(1)退職金の所得税額=課税退職所得金額×所得税率-控除額

(2)復興特別所得税額=基準所得税額(1)×2.1%

 

住民税の計算方法

住民税=課税退職所得金額×住民税率10%

 

ここで、20年勤務で退職金800万円、iDeCo500万円の例で考えてみます。

この場合、退職控除は退職金で使い果たしてしまいます。

 

iDeCoの所得税

課税退職所得金額=500万円×2分の1 = 250万円

(1)退職金の所得税額=250万円×10%-9万7,500円 = 15万2,500円

(2)復興特別所得税額=15万2,500円×2.1% = 3202円

(1) + (2)=15万3702円

 

iDeCoの住民税

250万円 + 住民税10% = 25万円

 

合計税額 

15万3702円 + 25万円 = 40万3702円

 

500万円のiDeCoの受け取りに約8%の税金が掛かりそうです。

所得税は累進課税なので、退職金やiDeCoの額が大きくなると税金も大きくなってしまいます。

退職金がある人にはiDeCoは受取時にお得とは言い切れないですよね。

 

お得に受け取るための方法は退職金とiDeCoの受け取り時期をずらすことです。

iDeCoを退職金よりも5年先に受け取れば、退職控除を2回使うことが出来るようになります。

この場合、iDeCoも非課税で受け取ることが出来てお得になります。

でもiDeCoの受け取りは60歳からなので、退職金を65歳以降に受け取らないといけません。

無理。。。FIREにもならないし。

 

退職金を先に貰って、iDeCoを後に受け取るという方法もあります。しかしこの場合はなぜか15年も開けないといけません。

55歳で退職金を受け取り、70歳でiDeCoを受け取る場合は退職控除を2回使えそうです。

FIREの場合はこちらだと実行可能そうです。

ただこのルールが最近改定され、受け取りの請求期限が75歳になると同時に退職控除の調整が行われる期間が19年に伸びました。

新ルールだと55歳までに退職金を受け取り、その20年後にiDeCoを受け取らないといけません。

20年も待てるかな。。その間にまたルール変更されそう。