1億円のポートフォリオ

インデックス投資で安定成長する資産運用を目指します

eMAXISはSlimが付くと付かないで大違い!5年間でどれだけの差が出るか?

同じ商品が異なる値段で売られていることは珍しくありません。

コーラを自動販売機で買うと定価ですが、格安スーパーだと半額くらいで買えたりします。

 

投資信託も同じ商品が異なる値段で売られていることがあります。

有名なのはeMAXISとeMAXIS Slimシリーズです。

この両シリーズは商品内容がほぼ同じなのにコストだけが違います。

eMAXISとeMAXIS Slimの投資信託説明書を読むとほぼ同じ内容が書かれています。

ほぼ同じ商品ということです。唯一の違いは信託報酬です。

 

ではeMAXIS先進国株とeMAXIS Slim先進国株の比較でどれだけの差があるかを調べてみましょう。

eMAXIS Slim先進国株の信託報酬は年率0.1023%です。

f:id:accumulationstrategies:20220108180633p:plain

 

対してeMAXIS先進国株の信託報酬は年率0.66%です。

f:id:accumulationstrategies:20220108180615p:plain

信託報酬の差は0.5577%になります。

この0.5577%の差は運用リターンにどれほどの違いを生むでしょうか?

 

eMAXIS Slim先進国株が開始された2017年2月27日から2022年1月7日までの約5年間の基準価額推移をeMAXIS先進国株と比較してみましょう。

f:id:accumulationstrategies:20220108175854p:plain

開始1年目は両ファンドの差はほとんど分かりませんが、徐々に差が開いていき5年目にはSlimが完全に上回っているのが分かると思います。

年間の差は0.5577%と小さく見えますが、信託報酬の重みは複利で効いてきます。年を得るごとにその差は大きくなっていくのです。

 

約5年間でeMAXIS Slimは2.01倍に、eMAXISは1.96倍に増えました。

もし100万円投資していれば、Slimは201万円、eMAXISは196万円とリターンに5万円の差が出たことになります。

もし1億円投資していれば、500万円もの差になっていたのです。

 

インデックスファンドの信託報酬がいかに重要か分かりますよね。

くれぐれも投資信託を選び間違えないようにしましょう。