1億円のポートフォリオ

インデックス投資で安定成長する資産運用を目指します

貧乏国ニッポン ますます転落する国でどう生きるか

日本は貧乏になっている。

もうこの事実に異を唱える人はあまりいないでしょう。

日本スゴイ番組が好きなお年寄りももう日本が全然スゴく無いことに気付いているはずです。

ただ、日本の衰退がどれくらいやばいのかは見方が分かれるところです。

 

「貧乏国ニッポン ますます転落する国でどう生きるか 」は日本は貧乏ですよねということをこれでもかと描写しています。

 

 

日本はもう先進国はおろか、アジアの中でも豊かとは言えないレベルまで転落しています。

最近、食料品を中心に値上げが増えていますが、輸入価格が上昇しているからです。海外のモノを買えなくなってきているのです。

かつて日本人が海外旅行に行けば何でも安くて富裕層になった気分が味わえました。

今は海外に行くと何でも高くて貧乏人になった気分になるでしょう。

 

では個人としてどう対策すれば良いでしょうか?

著者は外国株への投資を勧めています。

もう国内企業はダメだから海外のグローバル企業に投資して資産を守るべきというわけです。

 

でも個人投資家はとっくに行動を起こしています。

最近、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の純資産総額が1兆円を超えたことが話題になりました。

対して、eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)の純資産総額は460億円です。eMAXIS Slim 国内株式(日経平均)を足し合わせても660億円です。

米国株の10分の1以下です。

 

通常、投資家は外国よりも自国により投資する傾向があります。(ホームカントリーバイアス)

それにも関わらず、国内株より米国株を選ぶ人がこれだけ多いのは日本株の将来に期待出来ないとみんな思っているからですよね。

 

心が元気なときに読みましょう。